株式会社創翔の里 かぼすの丘ぴっころクラブー児童発達支援

児童発達支援とは

発達が気になる(言葉の遅れ・落ち着きがない・家族やお友達との関わりがうまくいかない・コミュニケーションがうまく取れない・運動発達の遅れ…等々)お子さんに対して、 集団生活への適応がスムーズになり、保育園・幼稚園・学校へうまく移行出来るように一人ひとりに寄り添い療育・支援を行っていきます。

基本方針

一人ひとりの登園支援、就学支援を見据え、年齢や気になる発達に応じた支援・療育目標を個別支援計画に沿ってプログラムを提供します。

運営方針(目標)

基本的生活習慣を身につけ、日常生活がスムーズに行うことができるように支援します。

療育・支援の中で自己肯定感や自尊感情を育み、自信と安心感が持てるように支援します。

様々な体験・体感を通して(気づき・考え・行動する)個性を見出し、伸ばしていきます。

集団の中に適応出来るような療育・支援をします。(見る・聴く・待つ等)

支援・療育プログラム内容例

かぼすの丘では、お子さまの特性や段階に応じ、個別支援と集団支援のプログラムをご用意いたします。
個別支援計画のもと、成長・発達に最も効果的なプログラムをご提案しながら、保護者の皆さまはじめ関係機関と連携しながらスケジュールを立てていきます。

集団の中が苦手なお子さまも少人数から始めてお友達と関わる力が育つように支援していきます。
個別ではお子さまが集中出来る環境を作り、「できること」「やりたいこと」が増えていくように支援していきます。

「あそび」を通して、成功体験を体感し、「できた」という自信を育みます。
そうして、「やりたいこと」にチャレンジする楽しさにつなげていきたいと思います。

主な活動例

集中力や感性を育むあそび
集中力や感性を育むあそび
折り紙・パズル・自然散策など
興味の広がりを育む遊び
興味の広がりを育む遊び
お絵かき・工作・積み木・ブロックなど
やりとりや言葉を楽しむ遊び
やりとりや言葉を楽しむ遊び
読み聞かせ・紙芝居・パネルシアター・おままごとなど
体幹や体力を鍛える遊び
体幹や体力を鍛える遊び
リトミック・トランポリン・体操(幼児体育)など
社会性を育むために
社会性を育むために
聴く力・感情のコントロール・気持ちの理解・ルールの理解など
就学にむけて
就学にむけて
生活習慣の習得・ひらがな等の学びなど

対象のお子様

未就学の障害のあるお子さま又はその可能性のあるお子さま

ご利用までの流れ

こちらの資料をご覧ください。

ご利用料金

2019年10月から、「幼児教育・保育の無償化について」が実施されました。
就学前の障害児を支援する児童発達支援でも、3歳から5歳までのお子さまの利用者負担が無償化されます。
無償化の対象期間は、「満3歳になって最初の4月1日から3年間」です。

国東市在住の人… 3歳から6歳までのお子さまの利用者負担は0円でご利用可能です。
また、0歳から3歳未満のお子さまのご利用の場合は、利用支援促進金の1回100円からご利用可能です。

障害福祉サービス等受給者証はお持ちですか?
※事前に保護者による申請手続きが必要になります。

0歳から2歳までのお子さまでも、受給者証がある場合は、1割負担となります。(9割は自治体が負担)
また、お住いの自治体や世帯収入に応じて負担額の上限金額が異なります。
詳しくは放課後等デイサービスのご利用料金をご覧ください。

※上限金額を超えて自己負担する事はありません。

例えば…
負担上限月額4,600円(一般1)の人が、
かぼすの丘を月8回(週2回)利用した場合の月額利用料 (別府市在住の2歳のお子さま)
約1000円×8日=約8,000円 
→ 1割負担かつ負担上限月額が4,600円
⇒ご利用者様が支払う月額基本料金は4,600円となります。

よくあるご質問

運動や遊びの安全面はどのような対策を行っていますか?
支援期間中人員配置は基本10人のお子さまに対して保育士等の有資格者4名を配置しています。
けがや危険が予測される遊びの際は必ず職員が傍につくことを徹底し、マット等の設置など安全配慮をしっかりしておりますので、ご安心ください。

送り迎えはしていただけますか?
さまざまなケースに対応した送迎を行いますのでご相談ください。

例えば…
自宅→かぼすの丘→自宅/自宅→かぼすの丘→保育園/幼稚園→自宅/保育園・幼稚園→かぼすの丘→自宅等

利用時間は?
さまざまな利用ケースに対応していきます。(9:00から18:00の間での利用になりますのでご相談ください。)

お休みの日はありますか?
閉所日は日曜日です。土曜日や祝日は開所しています。(年末年始12/30~1/3除く)