協力医師コメント

「創翔の里」では、安心と信頼の福祉サービスを提供するため、
全国の専門性を要するドクターに応援頂いております。私共の取り組みが子供たち、またそのご家族様の満足につながるように
協力医師に助言を頂きながら一歩先を行く福祉の在り方を考えて行きます。私共を支えて下さるドクターから寄せられたコメントをご紹介致します。(五十音順)
辻仲病院柏の葉 消化器内科 伊東英里先生

子育てをしていると、わが子であっても”あれ、何でだろう?”と戸惑う経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
自分の時とは違う、他の兄弟とは違う…親だから、”違い”に真剣に悩むこともあるのですが、そんな時、子どもと向き合うプロに託せることで、”違い”が”個性”に、そして可能性につながるのだと思います。

「創翔の里」が更なる可能性の広がりの場になられることを、期待しております。

まぶたをまなぶ形成外科専門医 金沢雄一郎先生

日本も北欧諸国に遅れてようやく福祉社会の到来です。安全性、透明性を担保しつつ、子供の自発性・協調性を育み、さらに個別のニーズをくみ取る、より充実したプログラムを実践することが求められます。

「創翔の里」は新しい気鋭に満ちたスタッフが充実しています。

子供たちのために、「創翔の里」スタッフと共によりよいサービスを模索し、育てましょう。

すぎやま内科クリニック 院長 杉山正洋先生

介護や福祉は、とかくネガティブな印象で報道されがちです。

しかし、障がい児の放課後デイサービスは全国的にも珍しく、利用者のみならず御家族の御意向も踏まえサービス提供を考える「創翔の里」のこうした取り組みは、介護や福祉に新しい風を創り出し全国を翔けるものと信じています。

利用者様もスタッフも輝いている「創翔の里」を、ぜひお越し下さい。

医療法人埼友会 腎臓内科 中村雅将先生

現代社会においては、家庭や職場・学校以外の第三の場所(サード・プレイス)が重要であるといわれています。

ともすれば、障がいを持つ子供の居場所は家庭と学校に限定されがちですが、サード・プレイスでの暖かくフレンドリーな触れ合いは子供たちにとって快適で、自分らしくいられる時間を与えてくれることでしょう。

障がいを持つ子供にとって、「創翔の里」が第三の居場所となり、真のバリアフリー社会実現へ大きな役割を果たしていくことを期待しています。

社会医療法人喜悦会 那珂川病院 脳神経外科部長 中本守人先生

障がいを持つ子供たち、あるいはそのご家族のご希望に応じた福祉サービスの充実が叫ばれて久しいですが、現実はなかなか進んでいないのが現状です。

「創翔の里」の放課後等デイサービスはそのようなニーズに応える実績ある施設です。

子供たち1人1人を輝かせるために取り組む姿勢に、今後も一層の期待が集まると思います。

医療法人康仁会 西の京病院 内科医長 星山信男先生

放課後等デイサービスを利用することで少人数により1人1人適切な訓練や集団生活により社会性を身につける場になります。

創翔の里では、お子様や保護者のニーズに適切に対応し、ご家族のサポートも適切にして頂けると考えております。

今後も期待しております。

羽島市民病院 内分泌・糖尿病内科 宮本成崇先生

障がい児の支援を行う上でただ「守る」のではなく、将来を見据え「育む」取り組みは必要かつ大事なことだと考えます。

また、お子さまやご家族と寄り添いながら個別に計画・目標を設定し、対応されているのも素晴らしいことだと思います。

そのような活動を行われている「創翔の里」の益々の活躍と発展を期待しています。

医療法人社団為王会 尾形クリニック 副院長・透析センター長 米田尚弘先生

福祉事業者といっても千差万別ですが、子供たちに接する「創翔の里」のスタッフの姿勢は評価されるものと思います。

今後も現状に甘んじることなく、個々のご家庭の希望に応じた安全確実なサービスをご提供できたらと思います。